Biography

portrait_2014_01

 

N.O.B a.k.a. COCOSPIN

1993年からラッパーとしての活動を始め、1995年にMAGUMA MC’s(マグマ エムシーズ)をRYUZOと結成。京都のクラブ、ライブハウスをベースに精力的なライブ活動を行い、徐々にその頭角を表していく。1996年には京都でのイベント「地熱」で年間5公演を行い、4000人の集客を記録、京都のカリスマ的存在となる。2003年に1stアルバム「MASSIVE」にてメジャーデビュー、2006年には初のソロアルバム「Spinning My World」をリリース。

2014年にアートフェア東京の関連イベント「ベーコン・プライズ」授賞式にてライヴパフォーマンスを行ったことをきっかけに、2015年以降もパフォーマンスのプロデュースを手掛けている。2015年には現代アートの祭典「ニュイ・ブランシュ京都」に招聘され、フランスのファッションブランド「ANDREA CREWS」のファッションショーにてパフォーマンスするなど、音楽シーンに限らず、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションを精力的に行い、自身のラッパーとしての活動だけでなく、才能あるアーティストたちに発表の場を与えるプロデューサーとしての手腕も発揮している。

 


 

N.O.B a.k.a. COCOSPIN

N.O.B a.k.a. COCOSPIN began rapping at the age of 15 (1993). He was a member of MAGUMA MC’s, a charismatic rap unit based in Kyoto, Japan. MAGUMA MC’s majorly debuted with their first album “MASSIVE” released in 2003. In 2006, N.O.B has released his first solo album “Spinning My World.”  N.O.B demonstrates his wide musical ability to seamlessly cross genres and win the hearts of his listeners with his sharp lyric and original flow. Along with celebration of releasing his latest single “One Do Can Do,” he has produced his original denim jeans made in the small Japanese port district called Kojima, Okayama Prefecture.

 

 

 

2月 12, 2015 | Posted by | Biography はコメントを受け付けていません。
Premium Wordpress Themes by UFO Themes